少年野球 バッティングの指導法

愛甲猛 バッティング上達指導法

自分では分かっているつもりでも、いざ子供にバッティングを
指導するとなると何を教えたらいいのか分からない。

打撃不振の我が子を見ていてると、何とか力になってあげたい。

そんな悩みはありませんか?

じつは、子供のバッティング指導は、ポイントが決まっています。
そのポイントさえ、きちんと伝えてあげれば、細かいことを
言わなくても、自然とフォームが整い、力強い打球が打てる
ようになるのです。

大人はバッティングを難しく考え過ぎかもしれません。
バッティングそのものは奥が深いものですが、
子供が身に付けるべきポイントはとてもシンプルです。

大人の言葉で伝えても、子供には分からない場合が少なくありません。
シンプル・イズ・ベストです。

元中日ドラゴンズの愛甲猛さんが、少年野球のバッティング指導法に
ついて、こちらでポイントを解説しています。

愛甲猛の短期間野球バッティング上達指導法

速く・鋭い打球を打てるように指導出来るかどうか。
そこがポイントです。


少年野球 指導法カテゴリの最新記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【少年野球】お父さんのためのバッティング指導法

スポーツはどの競技も基本が大切ですよね。
もちろん、野球も例外ではありません。

ところが、その基本が意外とあいまいで
子供たちにきちんと指導されていない場合も多いようです・・・

元・近鉄バファローズの村上隆行さんの
「バッティング指導法」

野球経験ゼロのお父さんでも自信をもって
お子様にバッティングの基本を教えることができる
DVD教材です。

・ 体の小さい子供は速いスイングができない
・ 体が小さいと遠くにボールを飛ばせない
・ 体が小さい子供はバットを短く持って小さいスイングを心がける
・ バッティングはセンスが必要だ
・ ボールは遠くに飛ばすにはトップをたくさん取ればよい
・ ヘッドスピードを上げるには腕を早く振る必要がある

村上隆行さんはこのような考えは
今すぐ捨ててほしいと言っています。


基本に忠実に、地道に自主練習することで
たとえ体の小さいお子様でもヘッドスピードが上がり
打球が確実に速くなっていきます。

体が小さいから打てないわけではないのです。
子供に「小さいスイング」を教えていませんか?

では、どんなスイングを教えればいいのか。
その答えがこちらにあります。

>> 詳細はこちら








愛甲猛の短期間野球バッティング上達指導法

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 少年野球 バッティングの指導法 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。